シェアオフィス / Share

中銀カプセルタワービルの2つのカプセル(A606とB908)で会員制シェアオフィスの企画・運営をしています。

主宰いしまるあきこが1年ほど住んでいたB908を引越し後も借り続け、空いている時間を友人たちとシェアすることからスタートしました。現在では2つのカプセルともに、「使用することで、中銀カプセルタワービルに人の気配を生みだし、建物の維持・保存に貢献しつつ、会員は中銀カプセルタワービルを楽しみつつ活用し、会員外にも親しんでもらうことを目的」としています。

10㎡という小さなカプセルを使用するため、会員同士は同時には使わないタイムシェア方式をとっていることが特徴です。また、使った会員が支払う使用料は使えなかった他の会員へ返金する形をとっているため、使えなかった会員も誰かが使えば使うほど、使えない会員もお得な仕組みです。

●中銀カプセルタワービルA606プロジェクト:竣工時の状態に近づけたカプセルを維持してシェア。会員数5名

●中銀カプセルタワービルB908プロジェクト:カプセルを気軽に使いこなしながら維持するシェア。会員数10名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です